フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

blogparts

つぶやいったー

  • つぶやいったー

« 触れずして夢と言えようか | トップページ | Citron Bleu »

2018年6月13日 (水)

おはようオーパーツ

さて、今月頭に宣言しました通り、早くも1冊小説を読み終えたさーたんです

星を創る者たち (河出文庫)
星を創る者たち (河出文庫) 谷甲州

河出書房新社  2017-12-05
売り上げランキング : 363598


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


地球外開拓史のプロフェッショナル特集とでも言いましょうか

太陽系の各惑星で技術者たちが直面する危機をいかに乗り越えるか、

緊張感みなぎる現場の空気に頁をめくる手が止まりません。

解決の糸口を見つけたところで各章ともスパッと幕をとじる潔さも爽快に読み進ませます。

















さぁこんな壮大な物語に浸ったら、あの音楽を思い出してしまうのです


ホルスト:組曲《惑星》
ホルスト:組曲《惑星》 シカゴ交響楽団

ユニバーサル ミュージック  2018-01-23
売り上げランキング : 15797


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







かねてより!クラシック音楽をちゃんと聴きたいなぁとおもっていたさーたんの計画が!

こうして作品と連鎖的に聞く機会を設けることで、

クラシックのある生活に近づけるのではないか!

ということでホルスト「惑星」を聴きました。







最もポピュラーな「木星」だけでなく、第一楽章の「火星」もとってもかっこいい。


壮大で、人知の及ばない規模の大きなものに対する畏怖か


手に負えない荒涼とした奥行きが、小説の世界観と重なります。

宇宙は今でこそ技術で刻々とその姿が明らかにされつつありますが、ホルストの作品は当時の占星術のイメージに寄っているようで、「土星=老練」であったり「天王星=魔術師」「海王星=神秘」なんてイメージの比較も興味深いです。さーたんはセーラームーンしか出てこないthink


みんな知ってる「木星」も、第4主題だけでなくほかの主題もとても魅力的。もっともっと聴いて、「木星=平原綾香『Jupiter』」だけじゃないことを、頭に刷り込んでいきたいところです。













こーんなかんじで、もっともっとクラシックを聴き漁れるようになりたいな。


















コズミックつながりで、宇宙的なジャケットのこんなCDたちも聴きたくなったんだな。








(※内容はぜんぜん宇宙が関係ない!)



シフォン主義
シフォン主義 やくしまるえつこ 相対性理論

SPACE SHOWER MUSIC  2011-11-29
売り上げランキング : 10192


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いやしかし内容は宇宙的ではないと言いつつ、ミクロとマクロを行き来する言葉の軌道エレベーターを駆使する世界観!カッコワライ


これは宇宙人的だと言って反対する人は少ないでしょうnight








Hi-Fi POPS(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)
Hi-Fi POPS(初回限定盤)(Blu-ray Disc付) ORESAMA

ランティス  2018-04-10
売り上げランキング : 1199


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

懐かしい匂いのするジャケットのイラストに釣られてまんまと買ってしまったORESAMA。

ブックレットでは宇宙旅行が可愛らしく描かれています。

ギターの小島英也氏がDAOKOちゃんへ楽曲提供していることで、名前を知っていました。


イラストの男女も愛くるしくてとっても素敵ですが、3次元で歌って踊るぽんさんもかわいい!

歌の表情も曲によって様々で、聴きごたえがあります。とってもハッピーな気分になる曲たちでした。

« 触れずして夢と言えようか | トップページ | Citron Bleu »

Note of Daguerreo_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1433513/73678364

この記事へのトラックバック一覧です: おはようオーパーツ:

« 触れずして夢と言えようか | トップページ | Citron Bleu »